“的面”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まとも85.7%
てきめん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“的面”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いや、いきほひで、的面まともにシツペイをられたには、くまひしいだうでくだけやう。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
的面まともに屹と首領の覆面を見据えて、朱唇くちびるには火のような言葉を吐きます。
青い眼鏡 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
——グラツドストオンはかういふ風に通信機関をたくみに利用する事を知つてゐる人だつたから、氏が公的生活から隠退すると、ある通信社などは、的面てきめんに二万円ばかし収入が減つたといふ事だ。