“水独楽”の読み方と例文
読み方割合
みずごま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうしたのかとちゅうまでらしてきたその水独楽、かれの手へはらずに、忽然と、どこかへ見えなくなってしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれがこの水独楽を愛すること、竹童がかの火独楽をつねに大事にするのと愛念において少しもかわりはないのであった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「やらないとはいわない。この青い水独楽は、すなわちおまえにあげようと思って、とうから考えていたくらいなのだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)