“枕添”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まくらぞい66.7%
まくらぞえ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
連合いといっても、俗に枕添のことではない。吾人は道庵先生に親炙すること多年、まだ先生に糟糠の妻あることを知らない。
「わりゃ雪女となりおった。が、魔道の酌取枕添芸妓遊女のかえ名と云うのだ。娑婆、人間の処女で……」
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
おおおお、誰や知らぬ、その二度添というのはの、……お稲がが遂げなんだ、縁の切れた男に、後で枕添となった女子の事いの。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)