“木伊乃”の読み方と例文
読み方割合
みいら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの、輝くのは目ではないか、もし、それだと、一伸ひとのしにさらって持ってかれよう。金魚の木伊乃みいらに似たるもの、狐の提灯、烏瓜を、あらためて、蝙蝠傘の柄ぐるみ、ちょうと腕長に前へ突出し
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
木伊乃みいらにした、うごかない天狗猿
南洋館 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)