“春灯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅんとう66.7%
しゅんてい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“春灯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一穂いっすい春灯しゅんとうで豊かに照らされていた六畳のは、陰士の影に鋭どく二分せられて柳行李やなぎごうりへんから吾輩の頭の上を越えて壁のなかばが真黒になる。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
茶房さぼう暗し春灯しゅんとうは皆隠しあり
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
白閃びゃくせん春灯しゅんていいて右近の顔前、三寸のところに躍った。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)