“摺臼”の読み方と例文
読み方割合
すりうす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みんなはいつの間にかそれを摺臼にかけていました。大きな唐箕がもうえつけられてフウフウフウと廻っていました。
石油発動機が庭の真ん中で凄い響きを立てて唸り、稲扱万牙も唐箕摺臼も眼がまわるような早さで回転していた。
濁酒を恋う (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
とにかくに摺臼唐箕が採用せられて、玄米の俵が商品となるまでの間は、稲作作業の終局と考えられたのは、稲扱きという仕事が済んだことであった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)