“揺覚”の読み方と例文
読み方割合
ゆりさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
悪心むらむらとり、介抱もせず、呼びもけで、灯火にし、「かくてはが眼にも……」と北叟笑みつゝ、やかに立出で、主人走行きて、酔臥したるを揺覚まし
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)