“提洋灯”の読み方と例文
読み方割合
てらんぷ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如海ひとりがスッと出て行くと、階下の廊では小婢の迎児提洋灯をさげて待っている。——手筈は毎々の順序どおり。カタンと裏門のを迎児がすと、とっさに如海がひらと表へ抜けて出る。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)