“掛合處”の読み方と例文
読み方割合
かけあふところ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見捨て出行たる女なれば持參金道具勿論離縁状まで出す事はならぬと云張たるても置れず故意々々出府して自身掛合處大馬鹿なりの五兵衞は何日行ても一寸ともず唯店の久兵衞と云者ばかり一人彼是云て何れにもず尤も向うが何樣に惡敷とも親亭主を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)