“掛合込”の読み方と例文
読み方割合
かけあいこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と根強く掛合込みまして、お由にはなか/\断りきれぬ様子でありますから、茂二作は一旦脱いだ羽織を引掛け、裏口から脱出して表へ廻り、今帰ったふりで門口を明けましたから
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)