“掘發”の読み方と例文
新字:掘発
読み方割合
ほりおこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らず呼出され跡へ役人來りて家搜せしに庭の梅の木のの土のしければしとて掘發すに果して女の死骸しとぞ龜屋徳右衞門は其儘牢舍せられ度々の吟味に始めて前の次第を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)