“捕違”の読み方と例文
読み方割合
とりちが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
役人捕違へて是迄吟味に及びし事氣の毒の至りなり定めし身體もり手足もまじれば此儘に歸しては當分難儀なるべし依て金五兩せ遣はす是にて能々療治をなし渡世を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)