“挽上”の読み方と例文
読み方割合
ひきあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唯有る横町を西に切れて、の神社の石の玉垣に沿ひて、だらだらとる道狭く、き木立に南をがれて、残れる雪の夥多きが泥交に踏散されたるを、の車は曳々挽上げて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)