“指翳”の読み方と例文
読み方割合
さしかざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
押戴行燈指翳し一目見るより打ち驚き之はつ頃私しが道にせし品にして母の紀念なれば家財道具は聊かの物も殘さず賣盡し身にふべき衣類さへ今はもあらざれども此品計りは我が母の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)