“抱琴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほうきん66.7%
クロッチ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抱琴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なども無論月並調の部に入れらるるならん。抱琴ほうきんいふ、
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「この町に、南蛮寺なんばんでらが建ってからだそうです。異国の笛とか抱琴ほうきんが入って来たばかりでなく、その音階に馴れて来て、これまであった歌謡のふしや曲までが、何となく違って来たと申します」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
――歌唱詩人バルドオスワルドは、ヴェントシン(ヒヨスの毛茸ならんと云わる)を入れたる酒を飲むと見る間に、抱琴クロッチを抱ける身体波のごとくに揺ぎはじめ、やがて、妃ゲルトルーデの膝に倒る。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
PR