“技能”の読み方と例文
読み方割合
ぎのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外が外れたばかりでない、自分の技能が自分の思ツてゐた半分も出來てらぬことを證據立てられた。此の場合にける藝術家は、敗殘困憊將軍である。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
〔譯〕人心のは、とす。氣はに之れつるものなり。凡そ事を爲すに、氣を以て先導と爲さば、則ち擧體失措無し。技能工藝も、亦皆の如し。