“御座船”の読み方と例文
読み方割合
ござぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帯には銀糸で縫いを施した二たすじ三すじの波がゆらめき、ところどころに、御座船のような古風な船が浮かんでいます。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
伝え聞く、伊達政宗は松島の風景を愛賞して、船遊びのために二御座船を造らせた。鳳凰丸と孔雀丸とがちそれである。風流の仙台太守は更に二十余章の舟唄を作らせた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
す敵の旗影も見で都を落ちさせ給ひしさへ平家末代の恥辱なるに、せめて此上は、一門の將士、御座船枕にして屍を西海の波に浮べてこそ、天晴名門の最後、潔しとこそ申すべけれ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)