“座船”の読み方と例文
読み方割合
ざぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御渡海のお座船卍丸も、きょう安治川へ入って、艤装いやら何かの手入れにかかりはじめました。とり急ぎお答えまで。お江戸の吉報、待ち上げまする
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おそれ多くも、内殿司の大臣宿元景さまがお座船水路をば」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お座船の衆」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)