“卍丸”の読み方と例文
読み方割合
まんじまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御渡海のお座船卍丸も、きょう安治川へ入って、艤装いやら何かの手入れにかかりはじめました。とり急ぎお答えまで。お江戸の吉報、待ち上げまする
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と初めて、ホッとしたらしく答えたのは、阿波守、三位卿などとともに、昨年大阪表の安治川から、卍丸でこの阿波の国元へ帰っている森啓之助なのである。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)