“内殿司”の読み方と例文
読み方割合
ないでんす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんでもこんど開封東京の都から、天子さまのお使いで、内殿司大臣とかいう大官が、霊山へ献納する黄金の吊燈籠を捧げてやって来るんだそうで。へい。……え。嘘だろうッて。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おそれ多くも、内殿司の大臣宿元景さまがお座船水路をば」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)