“幾巻”の読み方と例文
読み方割合
いくまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とすぐに次! 次! 次! と順々に出る品物は、南京どんす幾巻鼈甲何斤、皮、短銃、麝香、さまざまな異国品ばかりが一りけいず買いの欲心を血走らせる。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ひと月ふた月と過す程に、おほやけの打合せも済みて、取調も次第にり行けば、急ぐことをば報告書に作りて送り、さらぬをば写し留めて、つひには幾巻をかなしけむ。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
かき集めつゝ幾巻にものしてつぎ/\に発兌すこととはなしぬ
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)