“平賀源内”の読み方と例文
読み方割合
ひらがげんない100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いえ、なかなかもって、この処方は、手前の究学ではござりませぬ。大阪表におりました頃、しばらく一緒におりました、鳩渓平賀源内と申す男の秘とする処方で」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平賀源内文句じゃねえが、春重は、一まで見透しがくんだからの。おさんとこでって、どこへったかぐらいのこたァ、かねえでも、ちゃんとってらァな
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
「わしは江戸の平賀源内、伝書鳩は面白うござるな、ご迷惑でも一つご同伴願いたい」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)