“平作”の読み方と例文
読み方割合
へいさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平作は、って、ました。そして、おじいさんのて、「あれか。」といって、いものをねらってちました。
「沼津」の平作の犠牲も同様に人間性の虐待である。が、同じことはさらに歌舞伎劇全体について言えるであろうか。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
分かるも、分からぬも、観客は口あんごりと心もに見とれて居る。平作は好かった。隣に座って居る彼が組頭恵比寿顔した爺さんが眼をまして見て居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)