“常店”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じょうみせ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“常店”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
荒布あらめとも見える襤褸頭巾ぼろずきんくるまって、死んだとも言わず、生きたとも言わず、黙って溝のふちに凍り着く見窄みすぼらしげな可哀あわれなのもあれば、常店じょうみせらしく張出した三方へ
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
過年いつか、水天宮様の縁日の晩でしたっけ、大通おおどおりのごッた返す処をちっとばかり横町へ遠のいて明治座へこうという麺麭屋パンやの物置の前に、常店じょうみせで今でも出ていまさ、盲目めくらの女の三味線を弾くのがあります。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)