“岳飛”の読み方と例文
読み方割合
がくひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し道衍の秉忠に於けるは、岳飛関張しからんとし、諸葛亮が管楽に擬したるが如く、思慕してして倣模せるところありしなるべし。詩に曰く
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
宣和の徽宗皇帝のときから仕えていた将軍の岳飛が、やはりこの大行山にたてこもって、折々、金の治下となった地方をましていると聞いたが、君もその一党かね』
人間山水図巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この劇は太虚及び龔芝麓賊に降り、後に清朝の兵入るを聞くや、急に逃れて杭州に至り、追兵の至るに驚いて、岳飛墓前、鉄鋳の秦檜夫人の跨下る、この鉄像の月事に値ひ
八宝飯 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)