“山岳重畳”の読み方と例文
読み方割合
さんがくちょうじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山岳重畳という文字どおりに、山また山の甲斐の国を、甲州街道にとって東へ東へと出てゆくと、やがて上野原与瀬あたりから海抜の高度が落ちてきて、遂に東京府に入って浅川あたりで山が切れ
(新字新仮名) / 海野十三(著)