“山城河岸”の読み方と例文
読み方割合
やましろがし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この人たちの間では深川の鳥羽屋の寮であった義太夫御浚いの話しや山城河岸津藤が催した千社札の会の話しが大分賑やかに出たようであった。
老年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
枳園小野富穀と口論をしたという話があって、その年月をにせぬが、わたくしは多分この年の頃であろうと思う。場所は山城河岸津藤の家であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
姓は細木、名は藤次郎、俳名香以、俗称は山城河岸津藤と云つた男である。
孤独地獄 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)