“細木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいき75.0%
ほそき25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“細木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——姓は細木さいき、名は藤次郎、俳名はいみやう香以かうい、俗称は山城河岸やましろがし津藤つとうと云つた男である。
孤独地獄 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
それは細木さいきと云う未亡人だった。
聖家族 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
そしてまたみやこへお帰りになろうとなさいますと、その出雲の国をおあずかりしている、国造くにのみやつこという、いちばん上の役人が、かわの中へかりのお宮をつくり、それへ、細木ほそきんだ橋を渡して、その宮で、皇子を、ごちそうしておもてなし申しあげました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)