“小馬鹿”の読み方と例文
読み方割合
こばか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宇宙を小馬鹿にしたような、ぬけぬけしいおとなしさだ。だから、太陽の光線とじか取引きである。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そこで、僕に云わせると、失恋の、命をなげだして、恋敵と無理心中をやった熊内中尉は、大馬鹿者だと思う。鰻のを嗅いだに終った竹花中尉も、小馬鹿ぐらいのところさ。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私が發見したものは眞實なのに、その眼はひとを小馬鹿にしたやうな眼付をして、それを信じまいとするらしい——感じやすい、煩悶してゐる、と私がめるのを拒んでゐるやうだ。