“小庵”の読み方と例文
読み方割合
しょうあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これが願主でありますか——或は……いや実は仔細あって、右の額は、私が小庵に預ってありましてな、内々で、因縁いわれを、朧気ながら存ぜぬでもありませぬじゃが、日短と申し
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また御定番の松浦九兵衛尉どのは法華の信者でござりまして、小庵をむすんで上人をひとり住まわせておかれましたところ、その上人もまつうらどのがろうじょうなさるのをきかれまして
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「あれに一小庵がございます」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)