“対者”の読み方と例文
読み方割合
あいて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時には怒りもみもします。しかしそれは私情の憎みや怒りとは違います。(私情で怒ったりんだりした時はぐに私は自分に恥じます。そして対者につつしんであやまります。)
このときに、執術者は常に被術者の顔面と文字とを熟視し、かつ、手の感覚に注意するのであります。かかる間に、対者の心中を判断するものです。ちょっと西洋に読心術というのがあります。
妖怪談 (新字新仮名) / 井上円了(著)
また、男女間の妬情に氏は白痴かと思われるです。が氏とて決してを全然感じないのではないですが、それにいて懸命になる先に氏は対者に許容を持ち得るとのことです。