“寓目”の読み方と例文
読み方割合
ぐうもく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その愛読するもの孫子、水戸流の諸書、菅茶山詩、山陽詩文等はより、その他経史百家の書より、近代の諸著作に致るまで、寓目せざるなし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
この書は古い「武鑑」類と江戸図との目録で、著者は自己の寓目した本と、買い得て蔵していた本とを挙げている。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
未だ寓目せずと雖も、藻鑑の道を説く也。珙と忠徹と、に明史方伎伝に見ゆ。珙の燕王にゆるや、長じてぎなば宝位に登らんという。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)