“寓意譚”の読み方と例文
読み方割合
ぐういたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう云う天竺寓意譚は、聞くともなく説教を聞いていた、この不幸な女の心に異常な感動を与えました。
捨児 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
仏教の寓意譚であるという『西遊記』が、これほど魅魔的に感ぜられたのは、雰囲気のせいもあった。その頃の加賀の旧い家には、まだ一向一揆時代の仏教のいが幾分残っていた。
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
この一話、操觚者流寓意譚にあらず、永く西欧の史籍に載りて人の能く伝唱する所、唯これ一片の逸話に過ぎずとども、も吾人にふる事甚だ深しとなす。れ貧困は現世の不幸のなる者也。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)