“実悪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ジツアク60.0%
じつあく40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男性のすつきりしたと言ふ美其物の様な人なのですから、在来の実悪色悪など言ふ役処には、理想的形と気分とを具へた人でありませう。
芝居に出た名残星月夜 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
る」と言つた芸風の人ではあつたが、芸の素質はさして広い人とは言へなかつた。「立役」はしても「実悪」を兼ることは絶対になかつた。
芝居の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
女役実悪半道なんて、各自役所が決まっておりましてな、泣かせたり笑わせたり致しやす。——春の花見! これがまた大変だ!
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『絵本舞台扇』をくものは春章は専ら立役また実悪の俳優を描き
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)