“女役”の読み方と例文
読み方割合
おやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女役実悪半道なんて、各自役所が決まっておりましてな、泣かせたり笑わせたり致しやす。——春の花見! これがまた大変だ!
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
今の俳優の中でそうという者も見当らないが、宗之助であろう、あの人は女役が適当であると自信して、かなりいい立役が附いても喜ばぬであるが、とにかく年は若し
当今の劇壇をこのままに (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)