“守田勘弥”の読み方と例文
読み方割合
もりたかんや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この芝居を初めて見物する前に、わたしは初めて守田勘弥——新富座の座主で、先代の勘弥の父——という人にった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
十一代目を継いだ——下総あたりのお百姓から出て、中村翫右衛門と名のった、あまり上手でない役者が座元の養子になり、その子の十二代目守田勘弥
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
長尾の敬の夫三河屋力蔵の開いていた猿若町引手茶屋は、この年十月に新富町った。守田勘弥の守田座が二月に府庁の許可を得て、十月に開演することになったからである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)