“存居”の読み方と例文
読み方割合
ぞんじおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父よりいずれ御礼の文奉り度存居候えども今日は町の市日にて手引き難く、乍失礼私より宜敷御礼申上候
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
それだけにては愚意りかね候に愚作をも連ねて御評願いたく存居候えども、あるいは先輩諸氏のに触れて差止めらるるようなことはなきかとそれのみ心配罷在候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
小生の病気は単に病気が不治の病なるのみならず病気の時期が既に末期に属し最早如何なる名法も如何なる妙薬も施すの余地無之神様の御力もあるいは難及かと存居候。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)