“子年”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねどし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これかね、寛政子年ねどし津浪つなみ死骸しがいかたまっていた処だ。」
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
奉「茂二作並に妻由、其の方ども先日半右衞門妻柳が懐妊いたしたを承知せしは、当年より二十九ヶ年前、即ち寛政四子年ねどしで、男子の出生しゅっしょうは其の翌年の正月十一日と申したが、それに相違ないか」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)