“奔命”の読み方と例文
読み方割合
ほんめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勤王運動の実践に桂が奔命し出してからは、常に、密書を交わして、江戸の消息を彼に与え、また京洛の消息を彼からけていた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
川上音二郎の細君の名が、わたしたちの耳へまた伝わって来たころには、彼女は奔命れきっていたのだ。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「あの人が羨ましいのじゃないが、ああ云う風に余裕があるような身分が羨ましい。いくら卒業したってこう奔命に疲れちゃ、少しも卒業のありがた味はない」
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)