“奉謝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゃしたてまつり66.7%
ほうしや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奉謝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
歌の事につきては諸君より種々御注意御忠告をかたじけのうし御厚意奉謝しゃしたてまつり候。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
先日は御細書ごさいしょ下され候のみならず、其前後に色々御送寄奉謝しゃしたてまつり候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
奉謝ほうしやはむ巡礼じゆんれいすずしさ、わかさ、
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)