“天空海闊”の読み方と例文
読み方割合
てんくうかいかつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わはははは、今日かぎり、もう村夫子は廃業したはずじゃないか。お互いに軍人だ。これからは天空海闊に、豪放磊落に、武人らしく交際おうぜ。なあ長兄」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右軍の癖というものが考えられず、実に我は法なりという権威と正中性とがある。献之になるともう偏る。恐るべき力量は十分ありながら、父の持っていたような天空海闊の気宇に欠ける。
書について (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
といわゆる天空海闊の心持ちを味わった。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)