“天元”の読み方と例文
読み方割合
てんげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔のさる学深い棋聖は当時の天文学? を下界の盤上へひきおろしてその第一石をいわゆる天元に置いたという。
独り碁 (新字新仮名) / 中勘助(著)
今度校刻すべき書は、円融天皇の天元五年に、丹波康頼が撰んだという『医心方』である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
太始天元に見えて居るといふ丹天の氣、黅天の氣、蒼天の氣、素天の氣、玄天の氣などといふのは、天の四方及び中央に五色を配した空言なるが如く、何の特別意義も無きかと見ゆる。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)