“大道芸人”の読み方と例文
読み方割合
だいどうげいにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬子となり旅商人となり、仲間者となり大道芸人となりなどして、あらゆる苦心のもとに、身なりかたちまで変えている人たちであった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれは城下馬場はずれに立って、まわしの大道芸人口上をまね、れいの竹生島菊村宮内からもらってきた水独楽曲廻しをやりだした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とうてい、人の力でおよばぬことをなさんがために、竹童は心にもない大道芸人のまねをするのだ。見ているお小姓とんぼはおもしろかろうが、ああ、かれにはであった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)