“大塔宮護良”の読み方と例文
読み方割合
だいとうのみやもりなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから、また一方に同氏の調べた中に大塔宮護良親王の兜の前立が楠公の兜の前立と同様なものであろうという考証が付いたのです。
建武の頃から正平年間にわたる長い乱世にかけてこの御山が、時には、大塔宮護良親王の戦勝祈願をこめらるる大炉となり帷幕の密議所となり、また時には
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
赤地錦の直垂に、色かんばしい緋縅、すなわち御鎧を召された、大塔宮護良親王は、白磨きの長柄をご寵愛の家臣、村上彦四郎義光に持たせ、片岡八郎その他を従え
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)