“夜干”の読み方と例文
読み方割合
よぼし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ものの景色はこれのみならず、間近な軒のこっちからを渡して、看護婦が着る真白上衣が二枚、しまい忘れたのが夜干になってっていた。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここのおかみさんが夜干にして置くつもりらしかった。その着物が自然にあるき出したのであった。
半七捕物帳:06 半鐘の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
夜干に敷いた網の中を、ひらひらと拾ったが、朝景色をずるよしして、四辺を見ながら、その苫船に立寄って苫の上に片手をかけたまま、船の方を顧みると、千鳥はかぬが友呼びつらん。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)