“坐乗”の読み方と例文
読み方割合
ざじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「では、読みます。——鬼塚元帥は、黒馬博士坐乗魚雷型快速潜水艇を認めて、博士の健在を大いに慶祝するものである」
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
と、義貞は今朝から、二本松の陣地にあって、尊氏が坐乗しているにちがいない、その船列中の本船の一檣頭を、みとおしに、睨んでいた。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の群船に一夜が明けた翌日だった。尊氏が坐乗の大船へ、ひる頃、一団の伺候者があった。——奥地の白旗城から出てきた赤松円心則村と、一族の者だった。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)