“土旋風”の読み方と例文
読み方割合
つちつむじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中を、棒でたたいて、七、八名の悪童連が、朝鮮蜂とよぶ尻に袋を持ったのを、一匹でも見出すと土旋風でも駈けるように、われがちな奪い合いだった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
我が内障眼すべないたはり日も暗し春早き土旋風巻く
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
やがて土旋風の運んで来た人声やら馬蹄の音が、欅林の中にもけむり出した。将門とその家人に追われて来た扶方の伏兵共が、狩られる野兎のように、あっちこっちへ逃げまどうのであった。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)