“団蔵”の読み方と例文
読み方割合
だんぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
▲話は一向まらないが堪忍して下さい。御承知の、私共は団蔵さんをに、高麗蔵さんや市村羽左衛門)と東京座で『四谷怪談』をいたします。
薄どろどろ (新字新仮名) / 尾上梅幸(著)
手前どもは植梅でございます。五代目団蔵の当り狂言『鬼一法眼三略巻』。三段目『菊畑』、四段目は『檜垣茶屋』。おなじく五段目『五条ノ橋』は牛若丸の千人斬り。
顎十郎捕物帳:22 小鰭の鮨 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
山村仁兵衛という小舟町の砂糖問屋、同所堀留大伝(砂糖問屋)、新川新堀の酒問屋、吉原では彦太楼尾張、佐野槌、芸人では五代目菊五郎、市川小団次、九蔵といった団蔵