“哲學的議論”の読み方と例文
読み方割合
てつがくてきぎろん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論この問題專門家飽迄研究されねばならぬのであるが。我輩は、には哲學的議論にはらないで、めて通俗的する感想の一べてよう。
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)