“名誉毀損”の読み方と例文
読み方割合
めいよきそん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この小説の主人公に連れ添っているということが世間へ知れ渡れば、立派な名誉毀損ですもの。当り前なら離婚を
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
近江泥棒を連発するのはだ聞き苦しい。単に聞き苦しいだけではない、悪態も品によりけりで、その国人を泥棒呼ばわりすることは、重大な名誉毀損であって、人によってはなぐられる。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)